読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

de:mishama ra:pushu

デミシャマラプシュ~雑感など~

子供服とアクセサリーのお店子供服とアクセサリーのお店 CaaNa

こころのねっこ

こんにちは。私には4歳になる娘がいます。

 

ちょっと前に娘が口ずさんでいた歌がありました。 

 

「~いつのまにか、おおきくなぁた~ いつのまにか~」

 

その時「何だろうとこの歌は」と思い調べてみると

 

「こころのねっこ」という歌です

 

こころのねっこ

作詞・作曲 南夢未 歌 土井裕子

 


こころのねっこ_0001.wmv

 

いつのまにか おおきくなった

いつのまにか なかなくなった

いつのまにか こけなくなった

いろいろ できるようになった

はじめてのであい はじめてのなかま

はじめてしった たくさんのこと

ないてわらった まいにちが

みんなのこころの ばねになった

 

いちにちいちにち おおきくなった

いちにちいちにち つよくなった

いちにちいちにち じょうぶになった

いっぱいの おもいでになった

これからのであい これからのなかま

これからわかる たくさんのこと

ここですごした まいにちが

みんなのこころの ねっこになれ

 

はじめてのであい はじめてのなかま

はじめてしった たくさんのこと

ここですごした まいにちが

みんなのこころの ねっこになれ

 

みんなのこころの ねっこになれ

 

すぐにパソコンで土井裕子さんの「こころのねっこ」を映してみると、「これ、これ、この歌」といいながら、娘が横で歌い始めました。

 

その様子を観ながら本当、大きくなった、丈夫になったなと思いながら娘の後ろに視線を移すと、嫁さんが目をウルウルさせながら同じように娘をみていました。こりゃヤバイ、こっちまでウルウルきそうだなと思い、パソコンに目をやると、これまでの事が思い出されます。~本当にヤバイ...

 

保育園や幼稚園の卒園式の時によく合唱される歌みたいで、年長さんの練習を聴いていていつの間にか覚えてしまったようです。

 

しかしこの歌、卒園式に合唱されるとかなりきちゃいますね。

 

※南 夢未さん
保育士、幼稚園教諭として勤務後、出版社勤務を経て、現在は広島で「あそび工房ゆめみ」を主宰。保育誌の執筆も手がけ、保育者向け講習会の講師としても活躍中10年間、保育士として働かれた後、保育雑誌の編集に携わり現在は「あそび工房ゆめみ」という 遊びの塾を開いていらっしゃるのだとか。

 

※子供服のお店です。

caana.theshop.jp

 

パワーストーンのお店です。

mirasimons.theshop.jp

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村